Skip to main content

ローラーヘミング工程のシミュレーションとオフラインプログラミングの改善

 

CADの線データを利用してシミュレーションとOLP

  •     スムーズで連続的なロボット動作のために、"CAD-to-Path"アルゴリズムを採用したツールパス作成
  •     リンクモーションやリワークパスなど、1回のパス作成操作で複数のヘミングパスを自動作成
  •     試運転段階での修正を支援するツールパスのパラメトリック編集機能
  •     CADデータと現物パーツ間の誤差に対処するためのオフセット機能と接線補間機能
  •     回転テーブルやティーチペンダント操作などトータルなワークフローをサポート.

 

ロータリーテーブルのサポート、パスの最適化

  •     Adjustment鋼板パネルのしわ、スプリングバック、折り目を取り除くための局所的な圧力と部分的輪郭オフセットの調整 
  •     衝突を回避するために、ツールの向きをローカルで簡単に変更できる。 
  •     回転テーブルの位置とロボットのパス軌跡を同期させて、作業領域とロボットの到達性を向上させます。 

生産開始準備

  •     コントロール仕様に合わせたダウンローダーとポストプロセッサー-
  •     PLCロジックを使用して、外部I/Oデバイスのコマンドを実装することも可能 

 

 

 

インダストリーサポート

 ヘミングは、自動車業界で、外板のパネルのフランジを内側のパネルの上に曲げることによって、2枚のプレス鋼板パネルを結合させる技法です。いわゆるカシメ接合です。

 

様々なヘミング加工手法とワークピースの特性をどのようにロボットプログラミングに適用するかをご覧ください。 

問合せ先ライブデモ申込

                                                                                                                                                 

ライブデモ申込価格問合せ