Skip to main content

塗装、スプレー、表面処理などのロボットによる表面加工に対する動作パス作成、シミュレーション、解析機能を提供します。

FASTSUITE Edition 2は、実際のロボット塗装ブースを製作する前に、メーカーや機種に関係なく、塗装スプレーの動作パスを作成し、シミュレーションと解析を実行します。 塗装パターン、塗装スピード、表面被覆率、スプレー形状、塗膜率などの最適化も行うことができます。

事前定義された塗膜時間によるカラーマッピング設定やスプレー形状の3D表示などの視覚化ツールを使って、プログラミング及び最適化の作業中にスプレーの適用範囲などを視覚化できます。 

ユーザーは、製品CADデータを使って、複雑な3Dサーフェイス上に正確な動作軌跡を作成することができます。 ロボット動作軌跡の最適化や適切な塗布量の管理によって、表面に沿って均一な塗膜を実現し、無駄のない塗装結果を保証します。

塗装業務プロジェクト全体の中で、シミュレーションは重要な役割を担います。 塗装ブースのレイアウトや治具、ツールの設計を検証して到達性を確認したり、複数のロボットを使った複雑な設備でもサイクルタイムの計測ができます。シミュレーション結果は、3D-PDF形式で出力することができ、関係者間での効果的な情報共有にも役立ちます。


 

様々なCADデータ入力から動作軌跡の作成

  •     様々なCADデータ入力をサポート
  •     豊富な塗装ロボットライブラリー
  •     サーフェス用動作軌跡の作成用に事前準備された加工レシピ
  •     サーフェス上の複数パス計算、 ステップオーバーのパラメトリック管理、パス延長.
  •     パスリンクモーションの自動作成  (直線、円弧)
  •     塗装ガンのオン/オフ機能 
  •     リードイン、リードアウト、トラックリンクなどのオフプロセスのツールパス選択
  •     塗装ガンやブラシの変更管理

塗膜品質向上のためのシミュレーションと膜厚解析

  •     膜厚実験値を基にした塗膜の積層計算
  •     シミュレーション中の膜厚カラー表示
  •     シミュレーションデータの3DPDF出力

実機用プログラム出力

  •     コントローダーの特殊仕様を考慮したダウンローダーとポストプロセッサー
  •     実機プログラムをシミュレーションにアップロードして解析と検証を行う
  •     外部のI/Oデバイスのコマンドをサポート 例:PLC制御プログラムの適用

インダストリーサポート

塗装をはじめとするサーフェス面への加工アプリケーションは、自動車及び航空機の生産において最も要求の厳しい工程の一つです。 車体や機体への一次保護剤塗布や表面クリーニングから最終的に製品の見栄えに大きく影響する仕上げ塗装まで様々な工程があります。したがって、塗装テクノロジーは、最高水準の品質と効率を満たさなければなりません。

塗装品質の向上と生産性アップのために貢献する解析機能付き塗装ロボットシミュレーションをご覧ください。詳しい情報はこちらライブデモ申込

ライブデモ申込価格問合せ