Skip to main content

部分的なエリアと連続的につながった領域への適用のためのプログラミング

シーリング&グルーイング(接着)加工は、革新的な組立技法及び技術として、また効率的な腐食防止のために、益々一般的になってきております。 通常、ロボットには、ワークピースに溶剤を照射するためのスプレーノズルが装備されています。 あるいは、ロボットがワークピースをつかんで固定ノズルから溶射できるようにワークピースを動かします。 シーリング線は複雑な3D輪郭になっており、手動ティーチングや単純なプレイバック方式の一般的オフラインティーチングでは、完璧な結果を効率的に達成することはできません。

多くの場合、シーリング対象のすべての領域にロボットアームが到達するのは非常に難しく、干渉する危険エリアが多く発生します。  高機能シミュレーターで高性能パスプランニング計算能力を持つFASTSUITEは、安全で衝突のないロボット動作のための高品質なツールパスの生成に役立ちます。 

インダストリーサポート

接合方法としての接着加工は、異なる材質のものを組合わせる時に動的応力が発生する場合、特に適しています。車両の最終組立では、高粘度の溶剤を使用して、様々な特性の部品やコンポーネントを恒久的に接着します。

複雑な輪郭を扱う場合でも、完璧な結果を達成する方法をご覧ください。問合せ先ライブデモ申込

ライブデモ申込価格問合せ