Skip to main content

機体組立工程向けオフラインプログラミング

リベット留めは、機体の組立において最も重要な接合技術です。 非常に高度な技術を使用して、機体の外壁と構造物は、最初に締結点位置でドリルされ、続いてリベットで留められてアッセンブリーされます。

FASTSUITEのドリル・リベット加工テクノロジーのおかげで、加工工程は自動化カスタマイズされ、特注エンドエフェクター及びその他の加工プロセス要件に適合させることができます。 コンポジット多層複合材を取り扱う場合、設計データ入力(ファスナー情報)に基づいて、穴あけパラメーターは自動的に定義されます。

特別なリベット留め加工やプロセス命令、アプローチ&リトラクトパスは、適切なイベント情報を介して統合されます。

対象にする業界

機体の胴体部分や翼パネルなどの機体構造を組み立てるための設備は、巨大なサイズになり非常に複雑な組立工程の対象となります。 従って、オフラインプログラミングは、大量のデータを扱って、効率的で信頼性の高いプログラムを出力しなければなりません。FASTSUITEを使うことで、ドリリングとリベッティングのための4階建て設備装置は、2台の同期ロボットを備えた個々のロボット設備と同じくらい簡単にプログラミングされるはずです。

何千ものリベットで締結する位置に沿ってプログラムする優れた機能をご覧ください。 詳しい情報はこちら ライブデモ申込

ライブデモ申込価格問合せ