Skip to main content

金属加工物のバリ取りを効率的に除去する自動化工程

工作機械へのマテリアルの投入や取出し工程を、ロボットで行うことは今日では一般的になってきました。 加工サイクルタイムが長い場合、ロボットは次に工作機械から加工済ワークを取り出せる状態になるまで待機する必要があります。 装置システム全体のパフォーマンスを向上させるために、一部の工程を工作機械からロボットに移行させるというアイデアがあります。  これにより、加工サイクルタイムを短縮し、ロボットの稼働率を大幅に向上させることができます。

バリ取り工程はその典型的な例となります。 このバリ取り工程では、特定の圧力で部品のエッジを走行する切削工具が必要となります。この工程は、ロボットに適した作業の一つです。 但し、輪郭は複雑な3D曲線になります。

FASTSUITEを使用すると、工作機械での輪郭加工と同じくらい迅速かつ簡単に、ロボットのバリ取り工程のプログラムを作成することができます。そして、実機設備が稼働中に、次のジョブをオフラインで準備することができます。

対象にする業界

バリ取り技術は、金属鋳造品が製造された後で、余分な材料を正確に効率的に除去するために使用されます。

サイクルタイムを短縮と高品質  ライブデモ申込 価格問合せ

    ライブデモ申込価格問合せ