Skip to main content

自動化生産システムをデジタルモデル化して おくことは、実際に生産に入る前のロボットプログラムやNCプログラムの検証に役立ちます。 FASTSUITEは、制御プログラムの検証のために自動化システム装置のバーチャル稼働テストの環境を提供します。これにより実機を使ったドライランのリスクが軽減し、生産までのリードタイムを短縮します。

 バーチャル・ドライラン

生産までのリードタイム短縮

実稼働前のNCプログラムの検証


 

デジタル一貫性というは、NCプログラム 作成に対するコスト削減にどのくらい役立ちますか

機体の設計者は、その機体の設計中にファスナー(締結点)の仕様を決めます。 これらのファスナー情報(締結点)は、自動リベッティングシステムの動作プログラムを作成する上で非常に重要です。 自動化ドリル・リベッターは、 CADデータ上で管理されているエンジニアリング属性情報に従って、適切にファスナーを選択して作業を行う必要があります。 CADモデルからFASTSUITEへのシームレスなデータ転送により、締結点位置の自動グループ化や優先順位付けなどが可能となります。 CADモデル内のファスナー情報を利用すると、プログラムの作成時間が短縮され、図面による手動のデータ転送によって引き起こすエラーの発生プロセスを回避することができます。

データ連続性 

CADモデルからのファスナー情報の再利用

動作プログラム作成時間の削減


 

デジタルツインは、航空機自動化生産システムのエンジニアリング業務を加速するのにどのように役立ちますか?

自動化システムのエンジニアリング業務は、提案検討からコンセプト立案、詳細設計、試運転の4つに大別することができます。そして、機械CAD、電気CAD、工場シミュレーション、制御エンジニアリングなどツールが利用されます。 

デジタルツインは、初期段階での検証、不具合の分析と対策立案にも効果を発揮します。これは、開発の後半で不具合を発見した場合、その解決には膨大な費用が掛かります。ソフトウェアインループとハードウェアインループの2つの手法でデジタルツインを実行します。

FASTSUITEのデジタルツインは、設備コンポーネントの形状、キネマティックス、信号、センサーなどを実際のメカトロニクス構造と同じように正確に表現します。 したがって、自動化システムのすべての動作は、実際の工場と同じように信号によって制御され、スクリプトでシミュレーションプログラムを作成する必要はありません。デジタルツインモデルを作成するためには、合理的で生産性の高い方法で作成できる機能が必要です。 FASTSUITEは、高度な自動化システムをデジタル再現するために様々な機能を提供しています。それは、アクチュエータ及びセンサーとコントローラー間が信号接続されているように、モーションとロジックのシグナルマッピング定義が必要となるからです。  また FASTSUITEは、標準的な市販設備部品をeライブラリーとして提供しています。 生産システムのデジタルツインの適用は、開発プロセスの全体を通じて継続的に領域を拡大させることが重要です。 すなわち、シンプルなキネマティックスモデルから複雑なメカトロニクスモデルまでの領域で、デジタルツインは仮想設備コンポーネント(アクチュエータ、センサー、信号入出力などの動作モデル)を多数組合わせた複合構造体として表現されるわけです。

デジタルツインを活用することで、開発プロセスを合理化し、不具合を削減して時間とコストの節約が可能となります。

豊富な設備ライブラリー

メカトロニクスモデルのリアルな表現

開発初期段階でのプロセス検証

テクノロジーと関連するプロセス

FASTSUITE は、個々の加工テクノロジーに合わせた加工レシピやルール化を使用して、様々な製造分野のニーズに対応できます。

加工テクノロジーとプロセスに関する優れた機能をご覧ください。

Webセミナーと事例ビデオの再生

デジタルファクトリーのWebセミナーを選んでご覧ください。

ライブデモ申込価格問合せ