Skip to main content

設計、製造からそれ以降までのプロダクトライフサイクル

FASTSUITE Edition2の基本的な開発コンセプトは、「デジタルツイン」のアイデアに基づいており、実際の自動化システムを可能な限り現実的に再現することを目的としたシミュレーションアーキテクチャを搭載しています。 FASTSUITE Edition2のデジタルツインは、実際の自動化システムと同じような機構・挙動で構築されており、動作も全く同じです。 デジタルツインモデルは、実際の各部品単位にデジタル挙動モデルがあり、ロボット、ポジショナー、エンドエフェクター、センサーなどは、コントローラーからの信号に基づいて動作します。 ユーザーは、各設計・検証フェーズでソフトウェアから効果的なサポートを受けることができます。 他の多くのデジタルファクトリー製品でよくあるように、実際に自動化システムの複雑さに圧倒されることはありません。

FASTSUITEは、その使い易さ、オープン性、ユーザーサポート及び顧客の固有のニーズやIT環境に適合させる機能によって、高く評価されています。  製品CADデータ、設備データ及び様々なプロセス情報の入出力機能に加えて、 FASTSUITE Edition 2は、任意のPLMシステムに統合できるようにするPLM統合モジュールを提供しています。  このPLM統合モジュールを使用して、設計から製造プロセスチェーンまでのデジタルデータの一貫性を確保できます。 このでデジタルデータ一貫性は、最終的にはERPシステムや関連するすべてのコンポーネントを含んだエンタープライズデジタル化戦略を実現する前提条件となります。

FASTSUITE は、そのビジョンを前進させます。

PLM&IoTとの統合に関するお問い合わせ

 

ライブデモ申込価格問合せ