Skip to main content

豊電子工業が自動化ラインのバーチャル試運転検証を実用化

シュトゥットガルト 2021年7月、日本を代表するロボットシステムインテグレーターである豊電子工業(愛知県刈谷市、盛田高史社長)は、自動化生産ラインのデジタルツールに関して、CENIT社のFASTSUITE Edition2 シミュレーションソフトウェアを採用してデジタルツインファクトリーを実現する。

プロジェクト詳細

仮想試運転機能は、豊電子工業が戦略的目標を達成するための中心的な要素の1つです。 「さまざまな機械、設備、センサー、ロボットを含む一般的な自動化システムの場合、お客様の現場で最終的な試運転テストを行うことは不可欠です。仮想試運転機能は、プロジェクトの実行において、品質、効率、収益性を向上させる明確な技術であると考えています。」 豊電子工業常務執行役員の成瀬雅輝氏は、このように述べています。

この目的のために、同社はCENIT社のFASTSUITE Edition2 デジタルツインファクトリーソフトウェアを使って2019年に実証実験を実施しました。その結果は、IREX2019(国際ロボット展2019)で発表・実演デモされ、自動車業界をはじめ多くの製造業から多くのポジティブな反響を得ることが出来ました。

プロジェクトの目的と難点

多くの日本のシステムインテグレーターは、激しい競争の中で競争力を維持しながら、塗装、マテリアルハンドリング、バリ取り、レーザー加工などの分野で自動化ソリューションを世界中の顧客に販売することを目標に、デジタルシミュレーション技術が持つ潜在的な能力を最大限活用することに注力しています。

成果確認

豊電子工業は、第2段階として2021年の初めからFASTSUITE Edition2 を使用した仮想試運転機能を実際の業務プロセスの中で使用し始めています。 「まず、構想設計は提案されたコンセプトを早い段階でシミュレーションすることによって最適化されました。次に、詳細設計、初期統合、デバッグ及び総合調整を仮想上でテストして、現場での確認テスト、修正作業を削減出来ました。これにより、プロジェクトの生産性が50%以上向上しました。」 豊電子工業SI技術部主任の松尾大介氏はこのように説明しています。

豊電子工業は

日本を代表するロボットシステムインテグレーターの1社です。豊電子工業の中核事業は、自動車産業における鋳造部品及びドライブトレインなどを製造する自動化生産システムの構築です

 

主な課題

  • 塗装、マテリアルハンドリング、バリ取り、レーザー加工分野における自動化ソリューションの提案を世界中に拡大する。

成功への鍵

  • デジタルシミュレーション技術が持つ潜在的な能力を最大限活用することに注力する。
  • 仮想試運転機能は中心的な要素の1つです。

結果

  • プロジェクトの生産性が50%以上向上しました。
コンタクトパーソン:

Yoshiaki HIGASHI, Director CENIT Japan, K.K. - Linkedin

CATEGORIES & TAGS
成功事例オフラインプログラムバーチャル試運転ファクトリーオートメーション
WEBINAR REPLAY

Here you will find use cases from various industries and technologies

View the webinar library

ライブデモ申込価格問合せ