Skip to main content

ロボット溶接:プログラミングおよび治具設計の効率が向上します。

フォークリフトメーカーのクラウンは、ローディング地区での溶接生産にロボットセルを使用しています。最大13軸の複雑なシステムが複数あります。

プロジェクト詳細

フォークリフトメーカーのクラウンは、ローディング地区での溶接生産にロボットセルを使用しています。最大13軸の複雑なシステムが複数あります。ロボットをより効率的に使用するために、Crownは時間のかかる手作業をシミュレーションベースのオフラインプログラミングに置き換えるよう依頼しました。結果:数日ではなく、新しいワークピースまたは新しい部品のバリエーションをプログラミングするには数時間だけで完成できます。プログラミングはFASTSUITE Edition2のシミュレーション環境で、すなわちプラントの実務生産と並行して行われるので、工場の稼働停止時間は大幅に低減されます。 OLPプロジェクトは開発と設計にプラスの影響を与えます。すべての機構を備えたシステムが擬似3Dモデルとして利用できるため、設備部署は適切な設備をより迅速に選定することができます。仮想デバイスの到達性は、事前に確認できます。新規設備部品は、その後の溶接生産システムの設計開発中に最適化することができます。

ソリューション

  • このプロジェクトの需要に合ったFASTSUITE Edition 2の機能特長::
    • 自動アプローチ・リトラクト方略によるCADデータベースの溶接パス生成(CAD To パス アルゴリズム)
    • 溶接パス生成は、パラメータで定義され、溶接プロセスの制御コマンドも含まれます。
    • 優れた操作性
  • 3つのステップで構築:
    • プラントの要件に合わせたソフトウェアを構成
    • ロボット、ツール、衝突に関連する干渉輪郭、プラント構成要素を含むデジタルプラントモデルの開発; 基準、TCPおよびプラントのゼロ点の組み込み、走行軸およびポジショナを備えたロボット機構
    • デジタルシステムモデルと実システ

プロジェクトの目的と難点

  • 設備効率向上のためのシミュレーションベースのオフラインプログラミングの導入と治具構築における生産性向上
  • 最大13軸のロボット溶接システム
  • ワークピース:多種多様なシームにアクセスするのが部分的に難しい、または小さな空間にに多くの溶接シームがある
  • 生産性の高いクラウン品質基準と高い従業員満足度を保証する必要があります
  • ムの較正:ロボット上の測定チップによる実基準点およびTCPの測定、ソフトウェア内の値を修正。
  • OLP対応システムの現場納品及びユーザートレーニング
  • CENITチームの実践的な経験と詳細な知識により、溶接生産の品質基準を自動化ソリューションに確実に遂行
  • クラウンチームへのコンサルティングとトレーニングは、検収と満足度を保証する
  • 2017年夏に、最初の溶接セルのOLPソリューションの最終検収
  • 新しい展開への自由: FASTSUITEは、オープンでスケーラブルです

Crown社、FASTSUITE Edition 2を使用して溶接セルのオフラインプログラミングを実施

成果確認

  • 工場効率の向上
    • 新しいワークピース/部品のプログラミングを数日ではなく数時間で完結
    • 生産操業と並行してプログラミングすることによる稼働停止時間の大幅な削減
  • 開発と設計の効率向上
    • すべての運動機構を擬似できる3Dモデルを利用できるため、デバイスの仮想試作品はシミュレーション環境で到達性を検証できます
    • 新設備部品は、次の溶接生産開発中に最適化することができます
  • クラウン基準による安定かつ優れた溶接品質
  • フォークリフトメーカーの生産技術プロジェクトマネージャーであるFlorian Braun氏は協力を称賛しました。非常に意欲的なクラウンチームは、障害を克服しなければならないときに、常にパートナーであるCENITに頼ることができました。「必要なときにはそこにいて、働くまでそこにとどまった」

CROWN

世界最大のマテリアルハンドリング企業のひとつであるクラウンは、受賞歴のある製品設計、先進的で洗練された技術、そして一流の顧客マーサービスを表しています。 汎用フォークリフトに加えて、Crownは自動化およびフリート管理技術を開発しています。
クラウンは1986年以来、ローディングでフォークリフトを生産してきました。これは30年以上にわたり、米国系の家族経営企業の革新の出発点になって来ました。

主な課題

  • 設備効率向上のためのシミュレーションベースのオフラインプログラミングの導入と治具構築における生産性向上
  • 最大13軸のロボット溶接システム

 

成功への鍵 

  • 自動アプローチ・リトラクト方略によるCADデータベースの溶接パス生成(CAD To パス アルゴリズム)
  • 溶接パス生成は、パラメータで定義され、溶接プロセスの制御コマンドも含まれます。
  • 優れた操作性

 

結果

  • 工場効率の向上
  • 開発と設計の効率向上
  • クラウン基準による安定かつ優れた溶接品質

 

関連リンク

アーク溶接

コンタクトパーソン:

Dieter Konrad, Senior Account Manager - Linkedin

CATEGORIES & TAGS
成功事例アーク溶接デジタル継続性オフラインプログラム設計から運用まで溶接設備
WEBINAR REPLAY

Here you will find use cases from various industries and technologies

View the webinar library

ライブデモ申込価格問合せ